妊娠にも影響してしまうかもしれないカンジダ症について知っておこう

女性にとっては、妊娠、出産は人生を大きく左右するものです。赤ちゃんを授かりたい、健康なあかちゃんを産みたいと思うのは女性ならば、当たり前の気持ちと言えるでしょう。
そんな妊娠、出産にも実はカンジダ症が影響することもあると知っていましたか。

カンジダ症の症状を振り返ろう


カンジダ症の症状として、特に起こりがちなのは、性器に関するものです。白いおりものがでたりかゆみ痛みが出るなどします。時には性行為のときに痛みがあるというケースもあります。
性器カンジダ症があると、やはり性行為も本来は控えることとなるので、やはり子どもが欲しい夫婦にとっては影響がでると言えます。

さらにカンジダ症自体が不妊の原因ではありませんが、カンジダ症が発症しているときには膣内部が酸性状態となってしまい、受精しにくくなると言われています。
カンジダ症になると、なかなか子どもができないということになってしまうのです。

さらに出産の時の影響とは


妊娠した女性が何らかの病気や薬の服用により、お腹の中の赤ちゃんに影響してしまうこともいろいろと確認されています。
実はカンジダ症の場合も、赤ちゃんに感染してしまうことも確認されています。

感染してしまうと、赤ちゃんが鵞口瘡(がこうそう)という病気になってしまうかもしれません。これは
口の中に白い斑点のカビが発生してしまうことです。また体にカンジダ菌がいるので、産まれてから皮膚カンジダ症になるケースも多くなります。
赤ちゃんだと免疫力もまだまだ弱いので、カンジダ症を再発しやすくなってしまうこともあります。

早めに治療しておく


もしも年齢的に若く、これから赤ちゃんを希望するという女性は、その症状が軽くても早めから治療をしておくことをおすすめします。

もしも妊娠しているときにカンジダ症になったら、赤ちゃんのためにも専門医に相談して治療は進めていきましょう。

コメントを残す